フットサルの将来

フットサルワールドカップ出場を逃したことでミゲル監督が解任された。7年間日本のフットサルのために貢献してきただけに何らかの形で残ってほしかった…。


以下はミゲル監督が会見で話したことの抜粋です。
「日本のフットサルは電車に例えるならば今でも、すぐに動き出せるチームが整っていたと思っています。フットサルをこれ以上発展させるにはメディアの力も必要です。Fリーグでも、もっとメディアを惹きつける試合をすることが大事です。そうすることで、より強い選手が海外から入ってきます。それが全体の底上げになるでしょう」

「各クラブにとっても、もっと努力しなければいけません。スポンサーを勝ち取ってクラブの価値を上げる。 JFAの方からもフットサルを広める活動がありますが、これからも続けていき、さらに子供達のクラブが広がっていくことが重要です」

「サッカーも小さい時からやれば良くなると同時にフットサルも小さい頃から慣れて練習すると良い選手が生まれます。私はフットサルを赤ちゃんに例えていますが、育てるにはミルクあげて手取り足取り育てなければ大きな大人にはなれないと思っています」

フットサルの露出がもっと増えていかなければFリーグも衰退していく。そのためには育成年代のフットサルチームがもっと増えていかないといけない。利益やビジネスを考えるとやはりサッカークラブにした方が人は集まりやすい。保護者や子どもたちも『サッカー>フットサル』という考え方が一般的だろう。しかし、スペインやブラジルでは幼少期にフットサルからフットボールを始めるのが常識で、そんな強豪国を参考にしてきている日本だが、この部分だけはまだ真似できていない。

日本全国で見てもフットサル専門のクラブはまだまだ少なく、フットサルをすることがサッカーに悪影響と未だに思っている人がいるのも事実。こういった部分を少しずつでも変えていくために今できることからやらなければと改めて感じました。

フットサル
シェアする
福岡のフットサルスクール『SOLUNA F.S.』キッズ&ジュニア専門クラブ

コメント