動きながらのコントロール

f:id:soluna-fs:20160412120439p:plain

すごく単純な練習だが、基本中の基本。パサーから出されたボールをゴール方向にコントロールしてシュート。最初はジョグ程度で良いが、慣れてきたら全速力の中で取り組ませる。パサーは子どもたちに交代で行うのが理想だが、パスが悪いと練習の意図が違ってくるので、選手らの技術によってはコーチが行う。
この場面での目的はシュートなので、ファーストタッチで良い位置に置けるかがポイント。ダイレクトでシュートはあえてさせないようにする。また、何度やっても2、3回タッチしてしまう選手はファーストタッチを自分の足元に止めてしまいがちなので修正していく。
また、受け手がパスを出すタイミングを指示させるようにすることで発展させていく。呼ぶのが遅い選手はスペースを理解できていないことが多いので、そのあたりも伝えていかなければならない。

サッカー、フットサル、スクール、福岡

トレーニング
広告
シェアする
福岡のフットサルスクール『SOLUNA F.S.』キッズ&ジュニア専門クラブ

コメント