1対1の足の位置

1対1を仕掛けるときにどこを見ていますか?反対にDFのときに気をつけているところはどこでしょうか?

DF時に注意しないといけないのは『足の位置』です。基本的にどちらかの足を前に出す形を取ります。ピッチのどこで1対1が行なわれているかによって違ってきますが、相手が右利きの場合は原則左足を前に出し、相手を自分の右側に追いやっていき左足を使わせるようなDFを心掛けます。また、フットサルの場合は前に置いた足のアウトサイドでボールを突きにいくような守り方をします。これは1番早く相手のボールに触れることが出来る形だからです。

f:id:soluna-fs:20160621013846p:plain

もし、下の図の様に足を平行に並べてしまうと…よーいドンで一緒にスタートしても1歩遅れてしまいます。

f:id:soluna-fs:20160621013849p:plain

ドリブルの上手い選手がフェイントを使ってくるのはただ相手の逆を取ろうとしているだけでなく、相手の足を動かすことでこのように足を平行にさせたタイミングで一気に抜こうとも考えているのです。
学年が上がるにつれてこのような知識も子どもたちには伝えていきます。論理的にトレーニングを行うことは技術の上達には必須です。

トレーニング
広告
シェアする
福岡のフットサルスクール『SOLUNA F.S.』キッズ&ジュニア専門クラブ

コメント