プレッシャーのかけ方

ボールを奪うといってもただ突っ込むだけではいけません。初心者の子にありがちなのがただ真っ直ぐ相手との距離を詰めるということ(上の図)
これだとボールを持っている相手は左右どちらにもボールを運ぶこと、パスを出すことができます。

f:id:soluna-fs:20160810151939p:plain

そこで、少し相手の右側からプレッシャーをかけてみます。

f:id:soluna-fs:20160810152001p:plain

これは相手が右利きの場合です。ボール保持者は右側のドリブルとパスを切られてしまっています。左側にパスを出されたとしても、マークしている味方選手はパスを読むことができているためディフェンスはしやすくなります。また、利き足ではない左足でプレーする場面が増えるため、パスの精度も悪くなります。

このようにただ距離を詰めるだけでなく、相手のコースを切ることで自分が直接ボールを奪わなくても、味方に奪わせることでチームとしてのディフェンスは成功です。学年が上がってくるとこのようなディフェンスも意識できるようになってきます。

サッカースクール/フットサルスクール/福岡/筑紫野/久留米/筑後/

トレーニング
シェアする
福岡のフットサルスクール『SOLUNA F.S.』キッズ&ジュニア専門クラブ

コメント