チャレンジすればミスは起こる

新学期が始まりジュニアクラスの練習内容は今までより難易度を少しずつ上げていっています。新しい練習をすると手探りでプレーしてしまう選手もいますが、ミスを恐れずに思い切ってプレーして欲しいと考えています。

練習中にも「自信なさげに探りながら正解するより、思い切って間違った方が自分の為になる」とよく話しています。失敗することが悪いことではありません。

ただし、同じミスを何度も繰り返しているか、何か修正しようと試みているかを見極めるように注意して指導しています。
試合中の選手1人1人に監督がその都度指示を与えてあげることは不可能です。自分自身で修正していく能力は選手にとって必要不可欠です!

サッカースクール/フットサルスクール/福岡/筑紫野/久留米/筑後/香椎

トレーニング
シェアする
福岡のフットサルスクール『SOLUNA F.S.』キッズ&ジュニア専門クラブ

コメント