GKはボールに触らず勝て!

GK(ゴレイロ)というと派手なセービングなどに憧れがちですが、上手い選手に大事なのは強烈なシュートをいかに「普通に止めるか」ということです。その為には正しいポジショニングを取ることが最も重要となり、正しいポジションとはボールニアポストファーポストを結んだ真ん中に立つことをいいます。

しかし、良いポジショニングで止めるGKの評価は見えづらいです。派手にバチーンと横っ飛びでボールを弾き出す方がカッコいいと思いますが、「普通に止める」ことの重要性を覚えておいてもらいたいです。


そして、GKにとって理想的なゲーム展開はボールに触らずに試合に勝つことです。もちろん、現実的に1度もボールに触れないのは難しいですが、触る回数が少ないほど優勢に試合を進められているということになります。相手にシュートを打たせなければ失点は限りなく0に近づくことでしょう。


ただし、ボールに触らないからGKは何もしていない訳ではなく、シュートを打たせないためにコーチングで味方DFを動かすことも大事な仕事です。相手選手の利き足や得意なエリアなどを把握して、どこに立ってシュートコースを限定するかなど、大きな声で短い言葉で適切な声掛けをすることが求められます。

フットサルやサッカーで格上のチームに勝つときは必ず「GKが当たっている」という条件が必要です。たった1人しかピッチに立てない特殊なポジションだけにその責任は重大ですが、負けた試合では責任を問われ、勝った試合ではゴールを決めた選手が賞賛されます。しかし、そこにやりがいを感じてくれる選手がいるからこそ、チームは成り立つのです。

トレーニングフットサル
広告
シェアする
福岡のフットサルスクール『SOLUNA F.S.』キッズ&ジュニア専門クラブ

コメント