数的有利時のカウンター

先日のアカデミークラスでも行いましたが、カウンターのトレーニングです。
最初は1対1でスタートします。それ以外の選手はゴール脇で待機しておきます。ゴレイロはどちらのゴールにも付けます。シュートが決まったり、DFがカットしたり、ボールが外に出た時点でディフェンス側の選手がボールを持って入ってきて2対1でカウンターを仕掛けます。シュートした選手もすぐに切り替えてディフェンスに回ります。

そして、3対2、4対3、4対4まで行なっていきます。その日の選手数によってどこまで行うかは決めてください。シュートをゴレイロがキャッチした場合は次の選手がボールを持たずに出てきて、ゴレイロのスローからスタートさせます。
このトレーニングでは最初の選手は出突っ張りになるのでフィジカル要素が強いものです。2セット目は順番を変えて休ませる時間を与えながら行いましょう。
ただし、カウンターをフィニッシュまで持って行く力がないとただバタバタするだけで終わってしまいます。ドリブルの運ぶ位置、パスの受け方、走るエリア、ディフェンス時の攻撃の遅らせ方、ゴレイロとの連携の取り方など試合で大事な様々な要素が含まれています。1つ1つ課題を明確にして落とし込んでいきながら繰り返し取り組むことが必要です。

トレーニング
シェアする
福岡のフットサルスクール『SOLUNA F.S.』キッズ&ジュニア専門クラブ

コメント