蹴球音〜Football Note〜

物事を直接的に伝えるより言い回しを変えた方が伝わりやすいときってありますよね?
私もブラジルでマンマーク(DFが1人の選手に張り付く守り方)の指導を受けた際にブラジル人コーチに言われたのは「マンマークはトイレまで付いていけ!」と言葉です。
もちろん、本当に付いて行く訳ではありませんが、それくらいしつこく付いて離れるなという例えです。しかし、今でもその言葉が思い出せるくらい頭に残っています。

トレーニングでは技術的なことを伝える場合でも人によって伝え方を変えると効果的です。身体で覚える人もいれば、音でイメージできる人もいます。「バシッと蹴れ!」「ガツンと寄せろ!」などもそのひとつです。

ここで挙げる言葉も選手に伝える際に敢えて頭に「???」が出るような問いかけをすることでより話を聞こうとしてくれますし、答えを見つけようと考えてプレーしてくれます。
いくつかピックアップしてみました。深く読み取ると実はプレーのヒントになるかも知れませんよ…。


これだけ見ても一体何のことかわからないですよね?
もしかすると経験者の方でしたら、この言葉を見ただけでどういうシチュエーションでどんなプレーについての言葉なのかイメージできる方もいるかも知れません。今度6月30日開催の『パーフェクトスキルトレーニング』でも上記の言葉を用いて指導していくことになります。どんなプレーのときに用いる言葉なのか?ご参加される方は答え合わせしてくださいね。

トレーニングフットサル
シェアする
福岡のフットサルスクール『SOLUNA F.S.』キッズ&ジュニア専門クラブ

コメント