SOLUNAとは

クラブ概要

<チーム名の由来>

SOLUNAとはスペイン語で「SOL=太陽」「LUNA=月」の意味です。フットサルを通じて、子どもたちの成長を常に見守り続けたいという想いから名付けました。F.S.は「FUTBOL SALA」の略称でスペイン語でフットサルのことを指します。

<クラブコンセプト>
フットサルでサッカーを6倍上手くする。
スポーツを通じて人間形成を行い、世界に通用する選手を目指す。

 

『教え過ぎない』は間違い。
まずは教えなければならない。

本や講習会などで「選手には教え過ぎてはいけません」とよく言われています。トレーニングでもルールだけ伝えてまずはやらせてみる。その後で発問をして選手に考えさせるように指導しましょうと…。しかし、スペインやブラジルの一流の指導者と交流する機会が増えてその指導方法に驚かされました。子どもたちに練習の意図やこうやったら上手くできるというポイントを先に伝えて始めるのです。日本の子どもたちの戦術理解度や判断力は海外の同年代と比べるとかなり低いです。それは必要な知識をトレーニングで伝えられていないということ。大人になって足し算ができない人はいないですよね?それは必ず小学校で習うからです。でも、サッカーやフットサルの戦術を学校で習うことはありません。スペインでは体育の授業にフットサルがあります。有名クラブのカンテラ(下部組織)では9歳までサッカーではなくフットサルをさせるほど、フットサルにはサッカーに必要な要素がぎっしり詰まっているのです。まずはそれらの知識を伝えるトレーニングを行い、そこから発展して考える力や判断する力を養っていき、自主的に動ける選手に成長させていきます。

 

フットサルを好きになって
自信を持ってプレーする

そもそも『好き』でないとスポーツは上達しません。好きなことは自ら努力することができます。まずはフットサルを楽しむというところから始めて『遊び』として好きになります。その中で仲間とプレーする楽しさ、ゴールや勝ったときの喜びを知っていくことで『競技』として好きになっていきます。そして、たくさんの成功と失敗をしていくことで、自分に自信を持ち『選手』へと成長していきます。技術や戦術も大事ですが、まずは自分に自信を持つことが大切です。当クラブでは人間形成にも力を入れて指導しています。

 

定員制度による少人数の
密着指導で個性を伸ばす

日本と違い海外のクラブでは12歳以下は週2〜3回の90分間の限られた時間の中でトレーニングをしています。しかし、日本とのレベルの差はご存知の通りです。その理由は『インテンシティ』と呼ばれるプレー強度の違いが影響しています。1人1人がプレーできる機会とたくさん名前を呼んで声掛けできるように当クラブではクラス毎に定員を設け少人数の指導を行なっていきます。同じトレーニングでも伝えなければならないことは個々に違います。それぞれの成長に合わせて個性を大切に指導しています。そして、フットサルは1試合通すとサッカーの6倍ボールに関わる機会があると科学的に実証されています。幼少期の上達にはボールに触れる頻度が重要です。フットサルをプレーすることで自然とボールコントロールが身についていくのも納得できますね。

 

世界に通用する人間形成

最近では海外を目指す選手たちが増えてきています。でも、大事なのは技術だけではありません。私自身も海外の名選手、指導者と関わってきて技術以上に人間性やメンタルが重要だと感じました。当クラブでは、元気な挨拶や協調性、話を聞く姿勢、整理整頓などのしつけ面も厳しく指導していきます。そして、出来たところはたくさん褒めながら伸ばしていきますのでお子様の成長を日々実感していただけるかと思います。

 

魔法のフットサルボールで
スキルを短期間で習得

当クラブの練習で使用するのはフットサル元日本代表監督のミゲル・ロドリゴ氏も推奨するフットサルボールです。その理由はサッカーボールに比べてローバウンドであるため、小さいお子様でも足元でボールを扱いやすくなることでテクニック習得と判断力の向上に集中できるからです。フットサルコートでサッカーボールを使用すると子どもたちはとにかくボールを大きく蹴ることに夢中になってしまいます。しかし、トレーニングの目的はスキルを習得することです。扱いやすいボールを使用することで技術の上達スピードは大きく変わります。まさに魔法のボールです。幼児、小学生低学年の選手にはさらに一回り小さい3号球のフットサルボールをオススメします。

 

担当コーチ

伊藤 聡  ITO SATOSHI
ブラジル・サンパウロ州フットサル連盟指導者ライセンス取得。
スペインサッカー&フットサルライセンスモニトール取得。


西日本最大級『NPO法人アミティエ・スポーツクラブ』で理事を務めながら、スクール運営、指導者育成などを行う。自らが立ち上げたフットサル事業部で、競技の普及や幼児、ジュニア年代を中心にフッ トサル専門スクールの指導を行なう。退職後は東京にて『株式会社ユーロプラスインターナショナル』のフットサル事業を中心に選手エージェント、スカウティング、海外留学、海外遠征などに携わる。また、代表理事を務めた『一般社団法人国際サッカーコーチング&マネジメントスキル認証機構(通称IFCO)』では指導者育成や海外の有名指導者を招いての講習会などを日本各地で開催。現在は福岡県にてフットサルの普及と発展に広く携わっている。