SOLUNAとは

クラブ概要

<チーム名の由来>

SOLUNAとはスペイン語で「SOL=太陽」「LUNA=月」の意味です。フットサルを通じて、子どもたちの成長を常に見守り続けたいという想いから名付けました「FUTBOL SALA」はスペイン語でフットサルのことです。

<クラブコンセプト>
フットサルでサッカーを6倍上手くする。
スポーツを通じて人間形成を行い、世界に通用する選手を目指す。

 

『教え過ぎない』は間違い。
まずは教えなければならない。

本や講習会などで「選手には教え過ぎてはいけません」とよく言われています。トレーニングでもルールだけ伝えてまずはやらせてみる。その後で発問をして選手に考えさせるように指導しましょうと…。しかし、スペインやブラジルの一流の指導者と交流する機会が増えてその指導方法に驚かされました。子どもたちに練習の意図やこうやったら上手くできるというポイントを先に伝えて始めるのです。日本の子どもたちの戦術理解度や判断力は海外の同年代と比べるとかなり低いです。それは必要な知識をトレーニングで伝えられていないということ。大人になって足し算ができない人はいないですよね?それは必ず小学校で習うからです。でも、サッカーやフットサルの戦術を学校で習うことはありません。スペインでは体育の授業にフットサルがあります。有名クラブのカンテラ(下部組織)では9歳までサッカーではなくフットサルをさせるほど、フットサルにはサッカーに必要な要素がぎっしり詰まっているのです。まずはそれらの知識を伝えるトレーニングを行い、そこから発展して考える力や判断する力を養っていき、自主的に動ける選手に成長させていきます。

 

フットサルを好きになり自信を持ってプレーする

そもそも『好き』でないとスポーツは上達しません。好きなことは自ら努力することができます。まずはフットサルを楽しむというところから始めて『遊び』として好きになります。その中で仲間とプレーする楽しさ、ゴールや勝ったときの喜びを知っていくことで『競技』として好きになっていきます。そして、たくさんの成功と失敗をしていくことで、自分に自信を持ち『選手』へと成長していきます。技術や戦術も大事ですが、まずは自分に自信を持つことが大切です。当クラブでは人間形成にも力を入れて指導しています。

 

少人数制の密着指導で個性を伸ばす

日本と違い海外のクラブでは12歳以下は週2〜3回の90分間の限られた時間の中でトレーニングをしています。しかし、日本とのレベルの差はご存知の通りです。その理由は『インテンシティ』と呼ばれるプレー強度の違いが影響しています。1人1人がプレーできる機会とたくさん名前を呼んで声掛けできるように当クラブでは少人数制の指導を行なっていきます。同じトレーニングでも伝えなければならないことは個々に違います。それぞれの成長に合わせて個性を大切に指導しています。そして、フットサルは1試合通すとサッカーの6倍ボールに関わる機会があると科学的に実証されています。幼少期の上達にはボールに触れる頻度が重要です。フットサルをプレーすることで自然とボールコントロールが身についていくのも納得できますね。

 

世界に通用する人間形成

最近では海外を目指す選手たちが増えてきています。でも、大事なのは技術だけではありません。私自身も海外の名選手、指導者と関わってきて技術以上に人間性やメンタルが重要だと感じました。当クラブでは、元気な挨拶や協調性、話を聞く姿勢、整理整頓などのしつけ面も厳しく指導していきます。そして、出来たところはたくさん褒めながら伸ばしていきますのでお子様の成長を日々実感していただけるかと思います。

 

フットサルボールでスキルを短期間で習得

当クラブの練習で使用するのはフットサルボールです。その理由はサッカーボールに比べてローバウンドであるため、小さいお子様でも足元でボールを扱いやすくなることでテクニック習得と判断力の向上に集中できるからです。フットサルコートでサッカーボールを使用すると子どもたちはとにかくボールを大きく蹴ることに夢中になってしまいます。しかし、トレーニングの目的はスキルを習得することです。幼児、低学年の選手にはさらに一回り小さい3号球のフットサルボールでトレーニングを行なっております。

 

担当コーチ

伊藤 聡  ITO SATOSHI
ブラジル・サンパウロ州フットサル連盟指導者ライセンス取得。
スペインサッカー&フットサルライセンスモニトール取得。

 

西日本最大級『NPO法人アミティエ・スポーツクラブ』で理事を務めながら、スクール運営、指導者育成などを行う。自らが立ち上げたフットサル事業部で、競技の普及や幼児、ジュニア年代を中心にフッ トサル専門スクールの指導を行なう。退職後は東京にて『株式会社ユーロプラスインターナショナル』のフットサル事業を中心に選手エージェント、スカウティング、海外留学、海外遠征などに携わる。また、代表理事を務めた『一般社団法人国際サッカーコーチング&マネジメントスキル認証機構(通称IFCO)』では指導者育成や海外の有名指導者を招いての講習会などを日本各地で開催。現在は福岡県にてフットサルの普及と発展に広く携わっている。

 

スクール料金

年度期間:4月1日より翌年3月31日まで
年度途中入会の方も翌年3月31日までとなります。

入会金:5,400円(税込)

月会費:4,320円〜5,400円(税込)
※カテゴリーにより異なります。クラブ会場検索よりご確認ください。

兄弟割引:ご兄弟で入会された場合は、2人目のお子様から入会金が全額免除月会費が1,080円引きとなります。

年会費:6,480円(税込)
スポーツ保険代、運営費、施設利用料、通信費、備品消耗品購入費など。
年会費は入会される月により割引となります。(540円×残り月)
(例)5月入会(5,940円)、12月入会(2,160円)

ユニフォーム代:12,960円(税込)
半袖シャツ、パンツ、ソックスの3点セット

有料体験:月会費のみで3回参加
入会金、年会費なしで3回の練習に参加できます。1回の体験では様子がわからないという方にオススメです。

 

よくある質問

Q. 体験参加はできますか?
はい、可能です。まずはクラブの雰囲気を知っていただきたいので無料体験にお申し込みください。有料体験(月会費のみで3回参加ができます)も可能です。
※当クラブでは安全第一に考えておりますので、体験参加のときでもスポーツ保険が適用されております。
Q. サッカー(フットサル)経験はありませんが入会できますか?
もちろんです。会員の9割の方は当クラブからスタートしています。お友達と一緒に上達していきましょう。
Q. 女の子でも参加できますか?
参加可能です。女の子はもちろんのこと、3歳の未就園児のお子様からご参加いただけます。
Q. 他クラブに所属していますが入会できますか?
サッカーチームの選手登録は行いませんので少年団やクラブチーム、他スクールの方も入会可能ですが、所属先のコーチに了承を得た上でご参加ください。将来的にはフットサルの個人登録を行うことはあります。ただし、サッカークラブとの二重登録になることはありません。
Q. 夏休みや祝日でも練習はありますか?
年間48回(月4回)の練習を予定しております。GWやお盆、年末年始は休みになる場合があります。詳しくは入会時にお渡しする年間スケジュール、もしくは当サイトにてご確認いただけます。
Q. 月の途中からでも入会できますか?
可能です。月の途中からの参加の場合の費用は日割り計算となります。
Q. 雨天時は練習はありますか?
小雨程度でしたら行いますが、大雨や台風などで警報が出た場合は中止になる場合があります。中止の際は当クラブのTwitterやLINE公式アカウントにて練習開始の1時間前までにお知らせします。年間48回を下回った場合は振替練習や月会費の割引などでご対応させていただきます。
Q. 欠席した場合は振替練習はできますか?
事前にご予約いただければ他会場で振替参加していただくことができます。
Q.練習には何を持参すれば良いですか?
体験時は運動の出来る服装の上、ボールと水筒(スポーツドリンクが好ましい)、タオルをお持ちください。ボールをお持ちでない方は体験時にお貸しできますので、ご予約の際にお伝えください。ご入会後、ユニフォームが届くまでは在庫がありましたらレンタル用のウェアを貸し出し可能です。
Q. スパイクは使用できますか?
スパイクは使用できません。フットサルシューズか運動靴でご参加ください。人工芝のフットサルコートではトレーニングシューズは使用可能です。ご不明な点がございましたら、ご用意される前に担当コーチまでご相談ください。
Q. ボールは必要ですか?
体験時はこちらでお貸しできますが、入会された方にはご購入いただいております。1人1個ボールを使ってトレーニングを行いますし、練習がない日でもボールに触れる機会を増やしてもらいたいからです。幼児〜小学生低学年まではフットサルボールの3号球をオススメしています。近所で購入場所がない方はこちらでご用意も可能ですのでご相談ください。
 Q.スポーツ保険などの加入は必要ですか?
当クラブでは安全面を第一に考えておりますので、入会されていない体験者のお子様にもスポーツ保険を適用しております。スポーツ保険代は年会費に含まれております。加入手続きなどはクラブ側で全て行なっております。
Q.お茶当番はありますか?
保護者様の当番制は一切ありません。
Q.送迎は必要ですか?
お子様1人で会場までお越しいただける方は送迎は不要です。練習中の付き添いも義務付けておりません。ただし、お子様の成長には気づきの目を持っていただき、自宅で練習の様子などを聞いていただきますようご協力お願いします。